株式会社ユニカ‐YUNIKA Corp.
地域密着型の運営でお客様の食卓を応援
ファーマーズマーケット千歳屋 フロアマネージャー    片沼 豊


ファーマーズマーケット千歳屋は、1992年3月【お客様の食卓を応援します】 をモットーに開業いたしました。 常に「お客様第一主義」「地域密着主義」という事を考えながら、 日々の店舗運営に取り組んでおります。 お客様にご満足して頂ける様、低価格販売は勿論のこと、品質・鮮度・品揃えに こだわり、安心・安全な商品を提供し続けております。 大手スーパーとは異なり、積み重ねた経験に自信を元に、型にとらわれず常に新しい 事にチャレンジし続けられるといった強みを前面に打ち出しながら、 お客様のニーズに沿うような店舗運営を常に心がけています。 また、地域密着主義として駅前といった利便性を重視し、地域イベントへの参加を 積極的に行うなど、お客様と共に近隣地域を盛り上げる為の取り組みも行っております。 今後も既存店を中心に、より多くのお客様の食卓を応援出来る様な店舗展開を行い、 現状に満足することなく「プロフェッショナル意識」を高め、失敗を恐れず 常にチャレンジ精神を持つことで更なる発展を目指してまいります。

お店の顔として日々奮闘中
ファーマーズマーケット千歳屋 チェッカー    阿部 桃華


私は2013年4月に入社し、スーパーマーケット千歳屋のチェッカー部門に配属となりまし た。 チェッカー部門とは文字通りお客様に買って頂いた商品を読み込み、お会計を済ます部門 です。 又、お店の顔としてサービスカウンター業務も同時に行っています。 高齢者の方や身体の不自由な方にも喜んで頂けるように、時にはお客様の目となり 、手足となり少しでも気持ちよくお買い物をして頂けるよう、日々奮闘中です。 直接お客様と触れ合う部門なのでお客様からのご要望をお伺いすることが多く、 大変に感じる事もありますが、その分お客様の反応も見えるやりがいのある仕事です。 千歳屋の経営理念であるお客様の為の接客・商品・売場というフレーズを体現する為 毎日試行錯誤の繰り返しの中、気付いた点があれば上司に報告し、それが直ぐにお店に 反映される事も自分の喜びであり、自分自身の成長に繋がっています。 一人でも多くのお客様に必要とされ、お客様に喜んで頂ける スーパーマーケットをどんどん増やしていくのが今の私の目標です。

施設と人に優れた総合型フィットネスクラブに
フィットネス部門 支配人    鈴木 裕文


2007年10月よりフィットネス&スパ マグレブの インストラクター社員として勤務をはじめ、現場での接客、 スタジオレッスンやパーソナルトレーニングを担当し、 インストラクターチーフ、クラブマネージャーを歴任させていただきました。 現在はフィットネス部門の総責任者として、部門の運営管理を行いながら シニア教室やキッズアスリートといったクラスを担当しております。 多摩センター地域の皆様が運動をライフスタイルとして取り入れ、 自身が願う健康に導くことを使命としています。 またフィットネスでは運動初心者の方を最優先に接客することに 重きを置き、丁寧に説明をしていくことで不安を取り除き 無理なく長く運動を続けて頂けるよう心がけています。 フィットネス部門の社員として現場から責任者として各ステージで 業務にあたるなかで、人に人がつくこと、関係性を築いていくことで お客様に価値を提供し、継続してクラブをご利用頂けると感じております。 今後も、施設と人に優れた総合型フィットネスクラブの模範となる運営を行い、 フィットネス部門の使命を全うできるよう業務に励んで参ります。

笑顔溢れる心地良い居場所の提供を
フィットネス部門 マグレブエスト マネージャー    郡 隆二


私は20歳で大手フィットネスクラブにフィットネストレーナーとして入社し、 チーフ、マネージャー、ディレクター、新規事業室室長などを歴任。 2015年の「マグレブエスト」オープンに合わせ現在の㈱ユニカに入社いたしました。 入社後は、お子様が安心して健やかに成長できるよう、多摩センターの地域に根差した活動を行うことを使命に、施設の安全管理はもちろんのこと、プログラムを提供する講師にもこだわり、世界チャンピオンや日本でもトップクラスの実績を持つ「プロ」に指導してもらえる環境を整えました。 さらに、家族や友人が集まり、フィットネスやスポーツを楽しめるよう「ホットヨガ スタジオ」や「ボルダリング施設」、「裸足で駆け回ることのできる人工芝フィール ド」などコミュニティが盛んに形成される環境づくりも行っております。 運営を開始してまだ間もないですが、おかげ様でたくさんのお客様がお越しくださり、 賑やかで笑顔溢れる施設になって参りました。 マグレブエストは、フィットネスの枠を越え、お客様の自宅や学校・会社などとは別 の第3の居場所として、ライフラインとなれるような運営を今後も行って参ります。

お客様目線のホスピタリティを持って
フィットネス部門 インストラクター    関口 涼夏


私はお客様へのマシン案内、レッスンなどの業務に従事しており、 主にプールレッスンの管理や各種研修の担当を行っております。 安全にご利用頂けるようフォームの修正を行ったり、 お客様の身体のお悩みに関するご相談を頂くことも多々あり、 心身共に負担にならない案内を行うように意識しています。 膝の痛みがなくなった、疲れにくくなったなど、担当したお客様から お声を頂けたときは自分の事のように嬉しく幸せな気持ちになります。 接客を通して、どうして、なぜ、と疑問を持つことが多くなりました。 関心が生まれた事によって視野が広がり、以前より意欲を持って 仕事に取り組むようになれたことを実感しています。 一人でも多くのお客様に笑顔になって頂けるよう、日々自分の知識を 更新していくことを大切にしております。 少しずつ研修業務など責任のある仕事を任せて頂くようになり、スタッフが 働きがいを感じる状態・環境を作って行きたいと考える様になりました。 現在部門内のホスピタリティチームを結成し、より良い環境づくりに 取り組んでおりますが、これを体系化することが今の目標です。

身体を動かす事の楽しさを伝えたい
フィットネス部門 フロント    川原 みなみ


フロント業務全般とスタジオインストラクターとしてレッスンを 担当しております。主に受付業務を行い、お客様をお出迎えして チェックインし、お帰りの際はチェックアウトをしてお見送りします。 スタジオレッスンではヨガやダンス系のレッスンを担当し、 お客様に健康でいる事の素晴らしさを感じて頂いております。 受付での説明やレッスンを行う際には、小さな子供から ご年配の方まで誰が聞いても解りやすい話し方をするよう心がけています。 そして絶対に手を抜かず常に全力で行う事。 また、人前に立つ仕事なので第一印象を大切にするようになりました。 常に良い姿勢、笑顔でいる事で内面的にも前向きに、毎日が楽しくなりました。 そして自分自身が明るくお客様をお出迎えすることによって、 少しでもお客様が足を運びやすい環境を準備し、継続してご利用頂くことで お客様の健康をサポートしたいと思っています。 先々は、日本を代表するスタジオレッスンインストラクターになり、 もっともっと多くの方に身体を動かす事の楽しさや、 健康でいる事の素晴らしさを伝えていく事が出来ればと考えております。

訪れる利用者に安心安全な環境を提供
商業施設管理課 主任    二瓶 厚


商業施設管理課は、主に商業施設に付随する様々な設備の維持保全を 行いつつ更なる環境の向上を目指し検討・提案をしています。 設備の維持保全といっても、設備は多種多様でそれぞれの設備・機器について 最低限の構造や仕組みを理解していなければなりません。 また、構造や仕組みを理解していても必ず設備や機器の異常や不具合について 察知・対応できるものでもありません。 私は日々のたゆみない巡回点検による経験から五感が磨かれて早期の察知・発見 ・対応につながると感じていますので、日常での巡回点検を重点的に行うことが ビル利用者への良好な環境提供と設備の予防的保全につながるという意思をもって 日々業務に努めています。 ビル利用者や従業員が快適に過ごせるのは施設管理によるものであるという 重大な責任であるとともに、自分たちがビルを稼働させているという大きな手応えも 感じることができる職場だと思います。 現在は弊社の事業拡大に伴って所有物件数も増えてきておりますので、的確な 管理業務を行い施設管理部門も共に成長・飛躍していきたいと思います。

全ての人々を支える業務に誇りを持って従事する
商業施設管理課    河原 航


施設管理は電力設備・空調設備・給排水設備・機械設備・ボイラーといった 装置・各設備の管理や保守は勿論のこと、いかに光熱費を抑えるかといった 省エネ設計やビルの老朽化に伴う修繕計画の立案など多岐にわたります。 さまざまな知識が必要で、入社後に電気関係、消防関係などの資格も取得しま した。設備に使われている技術を理解した上で、何か不具合が起これば知恵を 絞ってその原因を追求し、復旧できた時には達成感を味わえます。 当社の場合、古い商業ビルから比較的新しい商業ビル、共同住宅や遊技場など さまざまな用途の建物の管理を任されており、用途ごとに発生するトラブルの 内容がさまざまで常に新しい知識が身につきます。また、消防設備点検など 普通は業者で行う作業を自社で行うことで、なかなか経験できないことも 経験することができます。 どんな施設でも機械が動かなければ建物は機能しません。その意味でも施設管 理というのは、とても重要なポジションだと思っております。 トラブルなく従業員の仕事がスムーズに進み、お客様に安心してご利用して 頂けることに誇りに感じ、プライドを持って業務に従事して参ります。

一人一人が技術と知識を兼ね備えたプロに
商業施設管理課    松井 勇人


商業施設のビル管理として利用者への快適な商業空間を提供することを 目的としています。 収益を生まない部署なので効率・性能の良い物の導入を提案するといった、 費用削減を意識しての業務を心がけております。 提案が通ればその業務に対して自分が主導となり全行程を調整することになりますので 責任は重大ですが、やりがいがあります。また、同様に削減をするという観点から 官公庁提出書類の作成・提出や、小規模な建築物の検査も自社で行い、その為の 資格取得も積極的に行なっております。 色々な提案をする中で今まで知らない事、不得意な案件を進める事が多々あります。 そういった案件を進める中で、個人の知識の向上もそうですが、業者や先輩方とも 連携する事で、営業力やコミュニケーション力の向上にもなっていると思います。 不動産部の活躍により今後も管理物件が増え、施設管理の人員も増えていくと 思います。その際に後輩の教育や新規物件の管理立ち上げを行える様、 一人一人が必要な技術や知識を日々の業務から身につけ、各々の自信や資格という 形にしていく事が大事であると考えています。

ページのトップへ

株式会社ユニカ

Copyrightc 2010 YUNIKA Corp. All Rights Reserved.